【共働き夫婦】職場復帰して削ったこと。夫のご飯は作らない。

 

男は仕事、女は家庭」ってすごく古臭く聞こえるけど、

日々のいろんなところでこの性の役割って染み付いてるんだなあ、、

と感じます。

 

私は自分でもその性役割に敏感で、

「伝統的な男、女の価値観なんかクソくらえ!」と

思っている方だと思っていたんだけど、

「女はこうであるべき」という概念がしっかり植えつけられていたようです。

 

 

 

 

 

出産後職場復帰したときのストレス原因

 

息子が生後6か月のときにそれまで働いていた職場に復職しました。

職場復帰、ワーママ雑誌やブログでは戦争のように描かれているので

それはそれは気合を入れて臨みました。

 

実際復帰後1週間後には発熱コールの洗礼があったり、

送り迎えの雰囲気がつかめずすごく早起きしたり、

などバタバタしたことはあるけど

実家が近い、職場の理解がある、時短勤務などラッキーな要因が重なり

育児と仕事の両立は「そんなに大変じゃない」というのが正直な感想。

 

だがしかし、私のストレスは人生MAXだったのです。

 

ストレスの原因は子どもではなく、仕事でもなく、

正確に言うと夫と私の家事、育児負担率の差

 

夫は勤務時間が私と半日ほどズレてて

昼出勤、日付が変わる頃帰宅というスケジュールのため

必然的に平日は子どもとは顔を合わせることはなく、

平日の家事分担は下記の通り。

 

私:子どものこと全般、買い出し、料理、弁当作り、

  その他こまごました家事

夫:食器洗い

 

前述の通り仕事+家事の作業量は全くこなせないレベルではなかったし、

私の方が勤務時間が短いのでその分負担が少し多くなるのは

いいんだけど、育児を50/50の割合でやりたい私にとって

夫が平日子どもに全く関われないことが最大のストレスだったのです。

 

私は毎朝子どもに起こされご飯食べさせ着替えさせ、、なのに

夫は自分だけの準備をすればいい。

 

私は帰宅後子どものご飯、自分たちのご飯、弁当、

保育園の準備、と一息つく暇がないのに

夫は帰宅後ひとりでのんびりできる。

 

などなど。

 

やることがたくさんで手が回らない!というイライラではなく、

私と夫を比べてのイライラだから

いっそシングルマザーだったら比較対象がなくて

楽なのでは?と思ったほど。

 

 

 

「ご飯を作らない=悪い妻」という思い込み

 

ということで復帰後しばらくイライラMAXだった私は

常に夫に

 

「私はこんなにやることがある」

「あなたは平日子どもの世話しなくていいから羨ましい」

「今日は子どもが寝なくて自分時間がなくて最悪」

 

などなど愚痴メールを送り、突き詰めると

「私はこんなにしているけどあなたは何もしていない」

ということを毎日のように言っていました。

 

夫は夫で食器洗いや保育園の準備とか、

できることをちょこちょこやってくれていて

「大変なら僕のご飯は作らなくていい」と何度か言っていました。

 

でも私は、どうせ私のご飯とお弁当を作るんだし

夫のご飯も一緒に作った方が効率的だし、と思い

最初はその提案を受け入れず。

 

そのくせまた「あーたいへんたいへんイライラ」

愚痴っていました。

 

 

そしてある日、ついに夫のご飯を作るのをやめました。

きっかけは忘れちゃったけど。

 

人のご飯を作るとなるとどうしても

「毎日違うものを作らなきゃ」

「ある程度のものを作らなきゃ」と思っちゃうので

自分ひとりでいいとなるとそれこそ納豆ごはんとか

お惣菜1品+ごはん+インスタントみそ汁とかで済むので、超楽。

 

(息子のごはんは離乳食だったからまとめて作ってチンしてた)

 

夫がご飯を作らなくていいと言ったのに

なかなか作るのをやめられなかった理由、

それは私の心の中の奥底に

「夫のご飯を作らない妻はダメな妻」という思いがあったから。

 

よく思い返せば、毎日コンビニ弁当の同僚(女性)を横目で見ては

全然お弁当作ってこないなんてみっともないなー

なんて思ったこともあったし

実は自分の中にもそういった性の役割の差別があって

他人をジャッジしたり、自分をジャッジしたりしていたのでした。

 

からしたら「ご飯を作らない妻」よりも

「ご飯作るけど常にイライラ妻」の方がイヤなのに。

 

 

我が家の現在の料理事情

 

その後夫が糖質制限ダイエットを始めたこともあり

夫は自分で食べるものはすべて自分で作っています。

 

今の我が家の料理事情はこんな感じ。

 

【平日】…それぞれのご飯は各自で準備

     夫は弁当、夜ご飯ともに自分で料理。

     私は6割料理、残りは惣菜やコンビニなど。

     子どもの夜ご飯は9割私がまとめて作る。

【週末】…昼食は各自適当に。夕食は夫婦分を夫が料理。

     子どものご飯は時々夫がまとめて作る。

 

平日はそれぞれ違うものを食べるので少し食費が上がったけど、

あのストレスに比べたら全然問題なし。

 

夫に平日料理をさせたくない他の理由に、

「食材を使い切らず無駄にする」

「料理したら後片付けをしない(しても中途半端)」

というのもあったんだけどこの辺も口を酸っぱくして言ってたら

まあまあ改善されました。

 

私の望むレベルではないけど、

そもそもの価値観が違うのでそこは妥協。

 

 

 

さいごに

 

夫の料理をしなくなって気づいたのが、

「私って料理あんまり好きじゃないな」ということ。

 

多分薄々気づいてたんだけど、

「女は料理すべき」という思いが実は意識の奥底にあった私は、

「私は料理は好きではない」と認めるのがイヤでした。

 

 

好きじゃないこと、イヤなことは

極力しないに尽きる。

 

 

もうちょっと収入があったらマジで

家事代行サービス使ってつくりおきを頼みたい。

 

世の中にはまだまだ妻が料理をしている家庭が大半だと思います。

料理が好き!というならまだしも、

少しでも苦痛を感じているなら

夫のご飯は作る必要ないと思いますよ。。