【ワーママ】保育園2年目、なんと発熱コールはまだゼロ

今年の春でワーママ生活二年目に入っています。

 

f:id:goal500:20180603123228j:plain

 

それで、さっきふと気付きました。

二年目が始まってからの約2ヶ月、

保育園からの発熱コールがゼロだということに!

 

 

 

 保育園入園2週間で受けた洗礼

 

私の発熱コールデビューは、職場復帰後の2週間後

 

仕事に戻ることが嬉しかったり

ずっと一緒に過ごしてきた息子と離れ離れになるのが寂しかったり

生後6ヶ月で預けることに少し罪悪感があったり

時短勤務でマミートラックに乗らないか不安があったり

平日ワンオペ育児にイライラしてたり

 

色んな感情が入り混じりながらもワーママ生活に慣れてきた頃

その電話はかかってきました。

 

電話を受けてくれた人が「保育園から電話ですよ」と。

もちろん入園したては毎月のように熱を出すことは

ワーママブログ、雑誌で知っていたのでそんなに驚きはなく、

あーきたか」という感じでした。

 

 

病児保育の利用

 

夫は基本的には仕事を抜けられないので

発熱コールがあったときは私がお迎えに行き、

小児科に連れて行きます。

 

保育園に行き始めてから(=仕事復帰してから)

数ヶ月は、頻繁に熱を出していました。

  • 有休が減る
  • なんとなく休みがちだと申し訳ない
  • 休みがちなことによってヤル気がないと思われたくない

こんな理由から、なるべく仕事を休まないように

発熱コールのあった翌日は病児保育を利用しました。

熱出た日の翌日、朝は熱下がってても

午後になると上がってきてまた発熱コールくるので

翌日も大事を取って休ませることも多々あり。

 

病児保育、ありがたいんですけど

  • 半日分の給料が飛んでいく
  • お弁当や着替えなど保育園以上の荷物
  • いつもより早く家を出て遅く帰ってくる

などのデメリットがあるので

ここまでして仕事に行く意味があるのか、半分疑問でした。

 

なのでワーママ1年目の後半は病児保育はあんまり利用せず。

夫と半日ずつ分担して半休ですませたり、

発熱があった日の翌日も37.5度以下だったら

ダメ元で保育園に連れて行ったりしました。

(そうすると意外と平気だったりする)

 

ヤル気に関しては普段の仕事っぷりで見せつけております。

 

 

発熱対応が減るとストレスも減る

 

よく考えるとストレスが減りました。

 

熱を出すと仕事を早退したり休んだり、

夫や実家と調整したり、それ自体も大変ですが

やっぱり対応の大半は母である私に偏るので

この社会の女性の負担について考え出して

ムキー!となったり、付随するストレスも大きいです。

 

仕事を休むことについても、

発熱なんて数年の限られた期間のことなので

まあ休めばいいや、と思うようになりました。

私は人事なので、面接が入っていたりどうしてもなときは

なんとか出社しますがそうじゃないときは休みます。

 

上司(50代男性)にも、男女格差については

ちょこちょここぼしてるし、

今のオジさんたちは家事育児妻に丸投げして

長時間労働、出張、転勤しながら働いてきた世代なので

仕事しながら家事育児してる私たちには

後ろめたい部分もあるんじゃないかなと思います。

 

ということで、いつまで発熱ゼロ記録が続くかわかりませんが、

ワーママ2年目は1年目に比べるとだいぶ楽になりました〜!

逆に、1歳児から入園した子たちは4,5月は体調崩してて

ママさんたち大変そうでした。

来年はもっと楽になるよ、と言ってあげたい。

 

 

↓そうね!と思ったらクリックお願いしますm(__)m