【猛暑】保育園の対応に安心

愛知県豊田市で小学1年生の男の子が

熱中症で亡くなったニュース。

 

f:id:goal500:20180806202924j:image


出産前だったら、「うわーかわいそう、ひどいもんだ」と

思うだけのニュースでしたが今はもうわが身です。

 

 

 

息子が通う保育園の教室は冷房が入っていて、

乳幼児なので先生たちも子どもたちの体調には

敏感だと思います。

 

が、ここ最近の猛暑を受けて

保育園から2つ連絡がありました。

 


1. 水筒にお茶以外の飲み物(経口補水液)を入れてもよい

 

 

6月頃から毎日水筒を持たせています。

中身は、お茶か水でと言われていました。

ですが猛暑のため、ポカリスウェット系の飲み物もOKになりました。

まあ、我が家はそう言われてもお茶を入れていますが。

(ジュースとかはともかく、

そもそも経口補水液OKでもいいんじゃない?と思いますが)

 


2. プール遊びがしばらく中止

 

 

7,8月は年齢に応じて週数回プールや泥んこ遊びがあります。

息子も水遊びが大好きなのでプールの日は

はしゃいでいるようですが、

乳幼児のプールは浅くこの暑さで水がすぐ生ぬるくなり

逆に熱中症の招いてしまうかもしれない、とのことです。

暑いからプールなのに、中止になるなんて、、

とちょっとびっくりですが

最近の暑さだととにかく冷房の効いた室内で過ごすことが

子どもたちにとってベストですね。


この猛暑で保育園が通常とは違う対応を

してくれて、少し安心できました。

 

 

↓そうね!と思ったらクリックお願いしますm(__)m