【銀座カラー全身脱毛】VIO脱毛って痛い?恥ずかしい?

f:id:goal500:20180814133131j:image

 

去年から銀座カラー全身脱毛に通っています。

もともと、VIO脱毛したい!と思って

それなら全身やってしまえー!というノリで契約。

 

VIO脱毛も3回を終えたので

始める前は私も気になっていた、

痛いの?恥ずかしいの?どれだけ見られるの?

ということについて、書きます。

 

あくまで私の場合の話ですが、

VIO脱毛したいけど悩んでいる人の参考になれば。

 

 

 


出産を経験していればハードルが下がる


2016年に出産をしました。

健診のたびにパンツを脱いで足を広げること10か月、

フィナーレの出産時にもおっぴろげたまま数時間、、

(陣痛の痛さで気にしているどころではない)

という経験をしたので局部を見られることについての

抵抗はかなり下がっていました。

 

脱毛サロンのお姉さんたちも、

日々何人もの処理をしているし、仕事だし。

 

 


初回はさすがに緊張!まずはOライン

 

とはいえ初回は緊張しました

全身脱毛は足から始まり、I&Oラインへ。

 

うなじ、背中、Oラインの自分で剃るのが難しい場所は

剃ってくれることになっているので、

Oラインのシェービングが始まりました。

 

履いている紙ショーツをずらし、

おしりを広げて丁寧にシェービングしてくれます。

恥ずかしいというよりは、申し訳ない。

 

せめて(?)という気持ちで施術前は

備え付けのウェットティッシュで綺麗にします。

 

そしてジェルを乗せて照射。

私の場合、少し痛熱い感覚はあるものの

意外に痛くなかったです。

 

 


Iライン

 

Iラインのシェービングは事前に自分でします。

照射のときは仰向けで膝を曲げた状態で倒します。

担当の方が紙ショーツをずらし、

手際よくジェルの塗布、照射を行ってくれます。

 

ショーツは紐パンみたいなものでカバー力ゼロです。

Iラインは左右順番に行うので、

まずは右側の肌が全部出るようにショーツをずらし、

終わったら次は左側の肌が出るようにショーツを直します。

 

このときに絶対具も見えているはず。

まあ、しょうがない、、。

 

Iラインも多少痛熱いですが、Oライン同様

思ったより痛くないです。

 


Vライン

そして、Vライン!

毛もしっかりしているし一番範囲が広いので痛い場所。

 

ジェルを塗り、照射。

こちらは予想通り、痛い、、

 

我慢できないほどではないので、

体に力を入れて乗り切ります。

その辺はほぼ産毛じゃない?という外側まで

照射してくれるので、ありがたい。


VIOは担当の方も気を遣ってか

かなり淡々と、手際よく処理してくれるので

少しの間恥ずかしさを我慢すれば、大丈夫。

 

銀座カラーは全身脱毛の契約が一番多いと

お姉さんが言っていたので、みんな慣れてるんでしょうね。

 

 番外編:胸

 

全身コースなので胸~お腹も含まれています。

胸はタオルガウンを開け、ジェルをび~~っと広げて連射で照射です。

乳輪周りはワンショット。

 

乳輪に照射されないよう、コットンで保護してくれます。

私は目隠しされているので見えないけど、

想像するとこれもまた恥ずかしい。

 

胸~お腹は範囲が広いので

さらけ出している時間も長め。

私の経験で言うと、気を紛らわすためか

このときに色々話しかけてくれるお姉さんが多いです。


ということで、恥ずかしいは恥ずかしいけど

お姉さんたちも毎日何人も処理しているわけだし

恥ずかしい!と悩んでいる人へのメッセージは

「とりあえずやってみなさい。恥は一時。」 です!

 

毛が少なくなってくると、ストレスフリーで快適ですよ〜