我が家は夫婦でタトゥーあり。他人に口出ししすぎる日本。

 

f:id:goal500:20180826123753j:image

 

りゅうちぇるさんのタトゥーを入れたという投稿に、
批判が集まったそうですね。
夫婦でタトゥーが入っている私からすると、
「ほっとけよ!」という感じ。

 

 


私がタトゥーを入れた経緯(1) 憧れた10代

10代のころ、洋楽ロックにハマりました。

MTVや洋楽雑誌に出てくるバンドやアーティストは、

タトゥーを入れてる人がたくさん。

 

もちろん私も憧れ、タトゥー入れたいな~と

入れる場所やデザインを妄想したりしていました。

 

10代で不良や普通の道を外れてる人たちに憧れてたとはいえ、

タトゥーが一生ものだということはわかってました。

結局、勇気がないこととその時点で一生付き合っていける

デザイン、題材が思い浮かばなかったので

タトゥーを入れることはなく、10代は終わりました。

 


私がタトゥーを入れた経緯(2) 夫との出会い

 

私がタトゥーを入れるのをためらう理由に、

日本ではデメリットが多すぎるというのがありました。

 

温泉、プールなど入れない施設があったり、

職場では隠さなくちゃいけなかったり。

将来子どもがプールに行きたがっているのに

タトゥーのせいで行けないのは、いやだな~と。

 

ただ、どんなデメリットがあるかは

自分で想像したりネットで読むしかありません。

 

その後、夫と出会い付き合い始めました。

夫はいくつかタトゥーが入っていて、

日本で働いています。

 

彼が多少不便はありつつも普通に生活している様子を

間近で見てたら、そんなにデメリットはないんじゃない?

と思い始めました。

 

バンドエイドやパッドで隠せる範囲にしておけば、

プールも温泉も行けるし。

普段見えない場所であれば、仕事も問題なし。

 

あとは、一生体に刻んで共にできるモノができたので。

今好きな言葉とか、マークとか

50年後も好きか?と言われたら自信がないけど

夫とは生涯共にするので、夫のイニシャルを入れることにしました。

 


タトゥーを入れて、その後

 

私は、小さ目のタトゥーを背中に入れました。

キャミソールや背中の大きく空いた服でない限り、

見えません。

数回バンドエイドをして温泉施設にも行きました。

 

私の両親は、夫のタトゥーで耐性がついたのか

「え~入れたんだ~」という感じ。

夫の両親、親戚もタトゥーが入っている人が多いので、

「いいね!」という程度。

 

背中で鏡を使わないと見えない場所なので、

自分でタトゥーが入っていることを忘れるほど。

なので、タトゥーを入れてから

困ったことはまだ何もないです。

 

まだ息子をプールに連れて行ったことはないけど、

将来そういう機会があればバンドエイドをしていきます。

 


他人のする事に口出しする必要はない

 

今回のりゅうちぇるさんの投稿に対する批判のひとつに、

「子どもをプールや温泉とかの楽しいところに連れていけない」

という声があったみたいですが、

 

りゅうちぇるが自分の子を

プールや温泉に連れていけないことが、

その人にどう影響するというのか?

 

それ以外にも楽しいところはあるし、

海外に行けばプールも行けるし。

 

そもそも本人はそういったことも全部ひっくるめて

考え抜いたうえでタトゥーを入れると決めたんです。

 

将来、りゅうちぇるさんの子どもが

「パパのタトゥーのせいでプールに一緒に行けないのが嫌だ!」

と言う可能性はゼロじゃないけど、

本人はプールに行けないことがどうでもいいくらい

別の楽しいことをたくさんしたり、愛情を注いでいく!という

心意気なはず。

 

それはもう、本人たちの問題です。

 

プールや温泉に子どもを連れていけないからタトゥーはダメだ

と思う人はタトゥーを入れなければいいだけの話で。

 

タトゥーに限らず、

剛力彩芽さんの投稿にしろ、

芸能人の育児の方法にしろ、

「他人のことを(悪い意味で)ほっとけない」風潮がすごーくイヤです。

 

今回のりゅうちぇるさんの件で、

みんなが堂々と好きなようにできて、

それぞれが尊重される世の中には

まだまだほど遠いんだな、と感じました。

 

でも、批判を承知で投稿をして

世の中に議論したり考えるきっかけをくれたのは、

かっこいいなーと思います。

 

 

 

↓そうね!と思ったらクリックお願いしますm(__)m