【沖縄旅行】(ほぼ)2歳児と飛行機に乗った感想

f:id:goal500:20180918211633j:image

 

今回の沖縄旅行は、息子にとって2回目の飛行機でした。

1回目も2回目も息子の座席はなしで膝の上です。

 

 

 

 

1回目と2回目の違い

 

f:id:goal500:20180918211651j:image

 

 

1回目は10か月のときに

アメリカ(片道:国内線1時間+国際線12時間)に行きました。

まだ歩けなかったし授乳していたのでなんとかなりました。

今は、ほぼ2歳で自分で動きたい盛り。

ぐずっても2時間だからなんとか乗り切れるだろう、と

思って今回も座席無しでいくことにしました。

 

 

幼児とフライトを乗り切るための準備

 

・たくさんのおかし
タブレット

 …Netflixは事前に動画をダウンロードして

  ネット環境がなくても見ることができます。

 

飛行機の中ではおかし・動画は無制限で与えます。

静かにさせておくためなら何でもします!

 

 

行きのフライト

 

f:id:goal500:20180918211711j:image

 

早朝フライトのため、朝3時過ぎに起きて

車で空港に行きました。

 

車の中でも寝ず、飛行機で寝てくれることを

期待してましたが、なんと寝ず!

でも、おかしと動画でずっと膝の上でおとなしくしてました。

 

ふ~。

 

 

帰りのフライト

 

帰る日は、朝起きて、ホテルのプールで遊んで

お昼ご飯を食べて、空港へ。

15時台のフライトでした。

 

飛行機に乗った後、窓から他の飛行機を眺めたり

おかしをあげたりしてるうちに

私に抱き着く体勢で寝始めました。

 

2時間のフライトのうち、1時間半くらい寝るという

完璧具合。

普段お昼ご飯後12時~15時がお昼寝の時間だけど、

それを逃したのでちょっと遅めのお昼寝でした。

 

 

まとめ

 

ということで、

幼児と一緒に飛行機に乗るときのポイントは

 

・可能ならフライトをお昼寝や夜の時間にする

・おかし&動画はフライト中に限りほしいだけ与えられるよう

 準備をしておく

 

です。

 

でも泣くときは泣くし

不機嫌なときは不機嫌です。

 

今回は沖縄だったので、

カップルやファミリー層が多く

周りのお客さんや添乗員の方が

「見て!かわいい~」と言ってくれたり

子どもに好意的だったので良かったです。

 

やはり、子どもと飛行機に乗るときに一番心配なのは

「周りに迷惑かけないだろうか」ということなので

周りが温かい反応をしてくれると、

親としても少し不安が和らぎますね。

 

 

 

↓そうね!と思ったらクリックお願いしますm(__)m