【2歳児】子連れ出勤をしました

f:id:goal500:20181030210131j:image

 

先日、子連れ出勤をしました。

 

 


いきさつ

息子の通う保育園では、

年に1回平日に親子遠足があります。

 

子どもだけ遠足に行かせることはできません。

参加する場合、別途参加費がかかります。

遠足に参加しない場合、自宅保育です。

 

なので遠足に行くにしろ、行かないにしろ、

仕事を休むことが必須です。

 

そして、その休むことになる人は

夫ではなく、私です。

 

遠足はめんどくさいし行きたくない。

でも有休使いたくない。

 

ということで、どちらも解決できる

子連れ出勤をすることにしました。

(1歳児の去年も子連れ出勤しました)

 

ちなみに、来年(3歳児)からは

親子遠足行った方がいいだろうな、と思っています。

息子も「遠足」が何かわかってきて楽しみするだろうし、

前後でお友達と遠足の話が出るかもしれないので

私の「めんどくさい」という理由で

息子の楽しみを奪ったりクラスの子との間に

疎外感を感じさせてはいけない、と思います。

 


子連れ出勤制度のない会社

私の勤め先は社員数十人の中小企業で、

ワーママは私だけです。

 

なので子連れ出勤制度などあるわけなく。

子連れ出勤した人も過去にいないです。

 

過去にも何回か会社のイベントや

育休中に連れて行ったことがあるので、

会社の人はほぼみんな私の息子に会ったことがあります。

なので、連れていくと「大きくなったね~」と可愛がってくれます。

 

ワーママはいないけど小さい子どもを持つ男性社員はいるので、

その人たちもわりと温かい目で見てくれます。

 

幸い小ぶりなミーティングルームがあり、

子連れ出勤日はそちらを貸切り私と息子でこもることができます。

 

上司に子連れ出勤をしたいと伝えたら

「いいよー。でも、中には会社に子ども連れてくるなんて、、

と内心思う人もいるかもしれないから、

当日あんまりキャッキャしないように気を付けて。

と言われました。


8時間退屈させないために

 

f:id:goal500:20181030210254j:image

 

7時間勤務+休憩1時間の8時間、

息子と会社で過ごすことになるので

8時間退屈させないよう、家にあるおもちゃを

ほとんど持っていきました。

 

新しいシールブック、絵本、プラレール、レゴ。

あと、動画を見せられるようにiPad

たくさんのおかし。

 


いざ子連れ出勤

最初、息子は久しぶりの場所とたくさんの大人に

少し怖がって私にしがみついていましたが、

すぐ慣れて周りの人に手を振ったりしてました。

 

f:id:goal500:20181030210306j:image

 

そして、ミーティングルームにおこもり開始。

そうすると、私のワイヤレスのマウスに興味を持ち

取られてしまいました。

しばらく慣れないノートPCのパッドで作業する羽目になった私。

 

たくさん持っていったおもちゃには目もくれず、

ホワイトボードに書く・消すを繰り返したり

動画を見せたりして午前中を過ごしました。

 

お昼ご飯は近くのお弁当屋に買いに行き、

一緒に食べました。

お昼は40,50代のオネエサマと一緒に食べて、

「スプーンで上手に食べるね~」

「手洗おうね~」と、相手をして頂きました。

本当にありがたい、、!!

 

午後、2~3時間お昼寝しますが

息子は環境が違うと寝ないので、この日はお昼寝せず。

午後も動画を見たりプラレールの電車で遊んだり

してました。

 


あえて子連れ出勤した理由

 

正直、仕事量的にも休んでも問題なかったし

子連れ出勤するよりも有休取って家で息子と過ごした方が楽です。

 

でも、この親子遠足の日はあえて子連れ出勤しました。

なぜか。

 

(1) 他の人に息子を可愛がられたい

workingmom.hatenadiary.jp

 

以前も書きました。

他の人に息子を可愛がられると、

純粋に嬉しいし私の心のゆとりにつながります。


(2) 公共の場や仕事場に子どもがいることに寛容な世の中になってほし

電車でベビーカーの人に暴言を吐く人がいたり、

保育園建設時には「子どもの声は騒音だ」という反対意見があったり、

日本社会は子どもを持つことに対して、

自己責任。社会で迷惑にならないよう引っ込んでろ」

という雰囲気があります。

 

少子化で、これから深刻な問題が色々出てくることが
確実なのにもかかわらず。

 

私は暴言を吐かれたり嫌な思いをしたことはありませんが、

たまにベビーカーでスーパー行くと

日本の店舗は狭いのでベビーカーで通路をふさいでしまったり

他の人に当たってしまったりすることがあります。

 

「すみません」と言った時に「いいのよ~」とニコっと

息子に笑いかけてくれるおばさんやおじさんもいれば

無言・無表情な人もいます。

 

あからさまに嫌な態度・言葉をかけてくる人はいなくても

色々な話をニュース・ネットで見るから

ベビーカー、邪魔だよな、、「ベビーカーで店に来るなよ」と

思っている人もいるんだろうな、、と

常に心配しながらの買い物です。

 

そして、我らワーママは育児をし、働いていて

基本的には男性よりも家事育児負担が多い。

 

1年に1回くらい、必要な時に

子どもを会社に連れて行っても大丈夫で

そのときに「かわいいね!大きくなったね!」と

声をかけてもらえる世の中がいいな、と思います。

 

もちろん、私の会社にも内心

「子どもを連れてきやがって、、」と快く思ってない人もいるでしょう。

仕事場で子どもが騒がないように、他の人の仕事の妨げに

ならないように気を付けることは必須です。


寛容な職場の人に感謝

 

今回子連れ出勤して良かったです。

その日は私の上司が休みだったんですが、

私が息子を空いてる上司の席に座らせたら

先輩が写真を撮り、上司に

「今日の部長代理です」と送ってました。

 

そんなふうに、子連れ出勤を煙たがるどころか

ジョークも交えて面白がってくれて、

本当に良い職場だなあ~としみじみ。

 

20代前半の女性社員の子たちが、

 

ああいうことしてもいいんだ。

子どもがいても、仕事を続けられるし

いざということは会社に連れてきて

みんな受け入れてくれるんだ。

 

と思ってくれるといいなあ。

 

 

↓そうね!と思ったらクリックお願いしますm(__)m